婚活ブログ
2018.04.20

成婚に向かって

今日は定例会がありました。
50以上の相談所の東海地区のカウンセラーがたくさん来てました。
そこで学んだことは、
do more
うまくいってるものはそのまま進む
do something diffelent
うまくいっていないならなんか違うことをする
ということです。

会員さんが入会してから活動する時は、お見合いを1回経て
お互いが"また会いたい"と思えば交際に発展します。
結婚の意思を固めることを成婚と言いますが、
成婚に進むにもお見合いをうまくいかせることが必要です。

ステラマリアージュではたくさんお見合いチャンスがあります。
プロフィールと写真を見て興味があれば"会ってみたい”となり、
うまくいけばそのまま交際に発展します。

もしお見合いが繋がらずうまくいかない場合となると
モチベーションが下がりだんだん辛くなってしまうと思います。
そこで、もしスムーズにお相手が見つからない時は、
何か違う取り組みをつくるとうまくいく場合があります。

事前準備でその時間を楽しむだけでなく、
恋愛のデートではなく成婚の交際として考えると
何を話そうかな〜というのが見えてきます。

結婚して一番最初に二人がぶつかる壁は価値観(文化)の違いです。女性の育った家庭が、両親の時間や家族の時間を大切にする家庭で、男性の育った家庭が、家族との時間よりも、友人との時間を大切にする家庭で育っていると、結婚後に女性は夫婦の時間を大切にしたいと思っているのに、男性は、独身時代と同じように友人との飲み会に明け暮れるような生活を送るかも知れません。女性は夫に仕事が終わったら家に帰って来て、夫婦で過ごす時間を楽しみにしています。これに対して男性は、仕事が終わると友人との遊びや飲み会に多くの時間を使い、妻のことはあまり考えていないかも知れません。

これは、極端な例かも知れませんが、それぞれが育った環境によって、二人は違う価値観(文化)を持っています。人はそれぞれの家庭の価値観(文化)しか知らないので、パートナーの文化にとても違和感を感じ、それを否定しがちになってしまいます。恋愛結婚だと、お互いの価値観(文化)の違いにも気付かないまま結婚してしまい、短期間で家庭内別居になってしまうかも知れませんが、結婚相談所のお見合いから交際へと進むと、パートナーと冷静に話し合うことが出来、結婚後の家庭のありかたについても二人でじっくりと話し合うことが出来ます。

このような価値観(文化)の違いは、相手に対する期待の違いとも言えます。相手に期待することが一致する相手を見つけることが、結婚生活を幸せなものにしてくれます。

お見合いや交際を通じて価値観(文化)の近い人を選ぶことが出来ます。それでも価値観(文化)が全く同じと言う事は有り得ないので、価値観の違いを辛抱強く埋めて行くことが出来るパートナーを見つけることが出来るのが結婚相談所です。

そして、結婚とは二人の違った文化を融合させて新しい文化を作って行くことだとも言えます。

せっかく婚活をするなら、自分磨きを楽しみ成婚ができる相手を見つけましょう☆
ステラマリアージュは本気で結婚したいあなたを応援します!

名古屋の結婚相談所 ステラマリアージュ

タグ:出会い婚活恋愛お見合い結婚相談所成婚デートカウンセラー定例会

一覧に戻る