婚活ブログ
2017.01.28

【結婚相談所の歴史】

こんばんは!婚活カウンセラー愛です

今、ステラ運営スタッフでほぼ毎日あーだこーだと話し合いをしているのですが、面白い企画が起ち上がっています♡
まだ非公開ですが、楽しみにしていてくださいね^ ^

”人と人をつなぐのは人”

40年以上続く結婚相談情報サービスは、時代に合ったスタイルで、全国各地で多くの方に喜ばれています。

仲人が誕生したのは鎌倉時代、お見合いというスタイルができたのは江戸時代。当時は場のセッティングをすることが主な仕事。

それからITの発達で、自分の好みや価値観に合う人をすぐ見つけることができるようになりました。

逆に情報が多く、気軽に合コンが行えるからこそ、結婚相手は真剣に慎重に選ぶ人が増えています。

結婚相手を選ぶと言う事は、残りの約50年を一緒に過ごす人を選ぶと言うことです。昔は、親同士が決めた相手と結婚式当日に始めて顔を見て結婚すると言うこともありました。相手の性格や考え方も全く分からずに結婚するのは、とても不安だったと想像します。

現代の恋愛なら、合わないと思えばお別れすれば済みますが、一旦結婚すると、離婚のエネルギーは結婚よりも大変だと言われます。結婚相手と合わずに家庭内別居のようになると、残りの人生をパートナーを無視して生きることになります。パートナーを無視すると言う事は、自分も無視されると言う事です。

人は、自分の存在価値を認めてもらうことで安らかな人生を送ることが出来ます。お互いに無視しあうような生活は苦痛でしかありません。パートナーから無視されると言うのは、心の食べ物を与えられない状態と言えます。無視される状態が続くと心は飢餓状態になり、本能的に自分の存在を認めて欲しいと思うようになります。本当は、肯定的な承認を得たいのですが、無視されて飢餓状態になると、否定的でも良いから承認を求めるようになってしまいます。否定的な承認と言うのは、罵声を浴びせかけるような状態ですが、このような辛い状態でも、存在を無視されて心の飢餓状態になるよりはマシなので、否定的な承認を求めて激しく罵り合うようなことになってしまいます。

そのような結婚生活では無く、お互いの存在を尊重し合い尊敬し合えるパートナーと残りの人生を過ごすことが出来たらどれだけ素晴しいことでしょう。自分の存在を肯定的に認めてくれるパートナーと生活できれば、心は常に幸福に満ち溢れた状態に保つことが出来、仕事や生活などで辛いことがあっても、二人で励ましあって乗り越えることが出来るでしょう。

そして、長い年月を過ごして、思い出話しとして二人で語り合える夫婦になれたら素晴しいですよね。

一生を共に歩むかけがえの無いパートナーと出会うためには、出来るだけ多くの出会いのチャンスが必要です。ステラマリアージュでは、IBJの全国58,000人の会員の情報の中から最良のパートナーを見つけることが出来ます。登録されている会員数が多ければ多い程、最良のパートナーと出会える可能性が高まります。

結婚相談所は、自営業の方や会社役員、綺麗で清楚な方、しっかり者で明るい方が多く、自分に合ったパートナーと出会う場として最適なサービスなので、興味がある方は是非お待ちしています^ - ^

理想のパートナーを見つけることが出来る ステラマリアージュ

一覧に戻る