婚活ブログ
2018.10.21

出会いを無駄にしない

イベントを積極的に活用しよう

相手のことをもっと知るためにももっとデートを重ねたい、でもどう誘えばいいか分からない――そんなとき活用したいのが、世の中のイベントです。
イベントといえばクリスマスやお正月など大きなものを思い浮かべがちですが、そんなにタイミングよくそういったイベントにぶつかるものでもありません。

そこで活用したいのが、ローカルなイベント。
近場の美術館で始まった展覧会、近場の映画館で新しく公開が始まった映画、近場の商店街でのちょっとしたイベントなど、ローカルなイベントは探せばけっこう転がっているものです。
イベントを口実に相手を誘うこともできますし、イベントに参加した後の感想などをお互いに話ししあうことで、会話も弾みます。イベントはチャンスです。チャンスをみすみすやり過ごすことが無いように、こまめにチェックしましょう。自分にはあまり興味の無いイベントでも、参加してみると意外な感動があったり、いろいろ感じることがあるはずです。お相手の感じ方に共通点があれば、価値観が近いと感じることが出来、二人の距離も一層近くなることでしょう。
近場であれば情報収集も楽にできますし、ぜひ一度ローカルイベントをチェックしてみましょう。

相手の話しを聞き、興味を持つ

お見合いの席で、自分の好きなことや趣味を持っていることでお話を広げることが出来ます。

それはもちろんどんな趣味でも構いませんが、自分の興味のないことでも、

相手の趣味や話に少しでも耳を傾け、聞いている姿勢があれば、その相手は気持ちよく話してくれますよね。

ただなんとなく聞き流しているだけの相槌だけでは、相手も話す気をなくしてしまいます。

お見合いという特殊な出会いの中で、少しでも相手に興味があったからお見合いが成立し、出会うことができたのだから、その出会いを無駄にせず、

その後、たとえ交際や結婚というステップに繋がらなかったとしても、

少しでも交わることになった時間を大切にしてもらいたいと思います。

一方的に話すことは簡単かもしれませんが、相手の話を聞く、相手の話を聞きだすことの方が難しいかもしれません。

自分の持っている趣味やいろいろな情報をたくさん持ち寄っている方の方が、

興味を持って自分の話も聞いてもらえるし、相手の話を広げてあげられますよね。

読書をしたり流行りの情報を少しでも落とし込んでから、

お見合いに臨むこともひとつのエチケットなのかもしれないですね。

さて、秋の夜長にみなさんは何をして過ごしますか。

IBJのサイトを見てお相手探しをするもよし、婚活パーティに出席するのもよし、読書するもよし、流行りのドラマをチェックするのもいいと思います。

ただ単に毎日をやり過ごすのではなく、一日の最後に今日の楽しかったこと、嬉しかったことをひとつあげられるように、大切に過ごしていきたいものですね。

タグ:出会い結婚お見合い結婚相談所幸せ婚活パーティーお見合いパーティー

一覧に戻る