婚活ブログ
2016.07.21

【完璧な自分で挑まない勇気】

ステラマリアージュのみずほです。

初対面や初デート、「ここが勝負!」とばかりに服や髪型に力を入れ、気づけば仕草も口調も普段とはまるで違う自分。
そんな経験をしたことがある人は多いのでは?

自分を最大限によく見せようとするのは人間の心理ですが、将来のパートナーになるかもしれない相手にも完璧を装っていると、後々苦しくなってくるのは自分です。
とはいっても、最初から素の自分を出せる人はごく少数。一緒に時間を過ごすことで徐々に打ち解けていくのが一般的な人間関係なのです。

ポイントは、完璧な自分で挑まない勇気。
多少は普段の自分が出る程度に力を抜いて臨めば、相手の緊張もおのずと解けて自然な姿を見せてくれるようになります。

人は、他人からの圧力や自分自身の思い込みで、不自然な自分を演じていることがよくあります。そのような状態の人はとても奇異に見えるものです。自分では意識していなくても、他人から認められたいと思って演じていることもあります。生まれたばかりの赤ちゃんの純真無垢な表情やしぐさには、誰でも笑顔にする力があります。ところが、人間として生き残っていくために、親からの承認を得るためだったり、周囲に強い力を持っている人からの承認を得るために演じるようになり、いろんな鎧をまとって生きるようになります。

しかし、そのような鎧をたくさんまとっている人から、自然な魅力を感じることは出来なくなります。必要以上に強がって見せたり、必要以上に可愛くみせようとしていたりしている状態を見て、好意を抱くことはありません。

お見合いで多くの異性と出会うと、いろんな情報が得られるはずです。そこから得られる情報から、自分自身が演じて不自然になっていることに気づくこともあるかも知れません。

お見合いの多くの出会いは、自分自身を成長させる大きなチャンスでもあります。必要以上に完璧な人を演じる事無く、出来る限り自然体で、力が入っていない自分を相手に見てもらいましょう。力が入っている人と長時間過ごすことは、相手も疲れるものです。相手が安心して心安らぐような自分でいるように心がけること。さらに相手に緊張を与えてしまう自分に気続いて、身に着けている鎧を一つ一つ脱ぎ去る勇気を持つようにしましょう。

生まれたばかりの純真無垢な自分は、誰からも愛される存在だったはずです。

一覧に戻る